ドコモ光(ぷらら)からプロバイダ変更するゾ

ドコモ光のプロバイダ変更を決意!

ぷららには全く未練はない。

では、どのプロバイダにしようかな・・・。

と、その前にドコモ光の仕組みがよく分からないので調べてみると・・・。

タイプAとタイプBがあるらしく、自分はタイプA。

タイプBはタイプAよりも月額200円高い。

そして、タイプBのプロバイダはOCNやniftyなど。

OCNはネットでも評判が良くないみたいだし、niftyも特段魅力を感じない。

そもそも、月額費用がプラスになる意味が分からん。

と、言うわけでタイプAのプロバイダの中から乗り換えを検討する事にした。

自分はドコモ光開始と同時に飛びついたので、当時のプロバイダのラインナップから変わっていた。

いくつか気になったプロバイダについて調べてみた。

so-net

ソネットと言えば、「ポストペット」という世代の私。憧れのプロバイダのひとつ。

付加サービスも魅力的だが、ブランドイメージがすこぶる良い。

しかし、人気がありそうなのでぷららの二の舞にならないかが心配。

DTI

DTIは回線品質が良いイメージが私にはある。まだダイヤルアップで接続している頃、

顧客満足度が高いといえばDTI、繋がりやすいイメージが・・・。

今となってはちょっとマイナーな部類だと思うので、速度面で期待が・・・。

楽天ブロードバンド

正直、スピードは期待できそうにないが、楽天ポイントが貯まるのは魅力にも感じる。

でもそれだけな気がしてならない。

GMOとくとくBB

GMOはあまり好きではないブランド。しかも、とくとくBBってダサい。

自分のイメージは未だにインターQの猿のキャラクターが思い浮かんでしまう。

でも、スピードに関してはドコモ光の中で一番期待値が高い。

と、いうのもGMOだけスピードに関して訴求したWebサイトなのだ。

今回の乗り換えの目的は遅さの解消なので、その部分が担保できそうなのはGMOだけだった。

ルーターレンタルが無料などは興味がないのだが、スピードに自信がある裏付けとなっている

「v6プラス」の接続が出来るのかは確認しておきたい。

こちらについては調べてみたところ、光電話を利用中であれば対応のルーターとの事。

我が家では光電話を利用中のため、問題なし!

乗り換え先はGMOとくとくBBに決定。

ちなみに、レンタル無料を謳うルータは契約に縛りがあるので要注意です。

ちょっとその辺りの販促手法もGMOは気になるんだけど、速けりゃいいか。

つづく

ドコモ光料金シミュレーター