さぁ、Windows8の環境を整備するぞ!と思ったら・・・トラブル発生。

Windows8のアップデートも済んだことだろうと、PCをさわっていると・・・。
前回の話はこちら
突然、フリーズ!
マウスカーソルが動かない・・・。
この症状は以前のPCにおいては頻発していたので、結構なれていたのだが、
クリーンインストールしたばかりの新マシンで発生するとは・・・ちょっとショック。
気を取り直して、電源ボタンを長押しして再起動。
おぉ。
今度は、ログイン画面でフリーズ!
ちょっといやな予感。
おいおい、更新ファイルのインストールがそんなにやばかったのか???
もう一度、起動しなおし。
・・・・
今度は、ログイン画面も表示されずに真っ暗なまま固まってるぞ。
一度、電源ケーブルを抜いて放置。
再度、電源投入。
今度は、F6キーを押して、UEFIのセットアップ画面を開く。
CPUファンとかは回っているし、熱暴走的なことはないと思うが、温度など見てみる。
すると・・・。
その画面でもフリーズ!
う~ん。何打コリャ。
こんどは、普通に起動を試みる。
でも、ログイン画面でパスワードを打ち込もうとしたらフリーズ。
しかも、変なカラフルな画面になるじゃないか・・・。
困った。
とりあえず、グラボを撤去して、オンボードの出力で試すも同じ。
UEFIの画面でもフリーズ・・・。
ちょっと泣きそうになった。
欲張って、メモリたくさん積んだのがまずかったかな・・・。
相性補償とか入ってないし、メモリが原因だと困る!
とりあえず、メモリ一枚にしてみたり、念のためCPUもつけ外ししてみたけど改善せず。
なんせ、インストールやらさっきまでちゃんと動いていたのに・・・。
(一番初めの動きは怪しかったけど・・・。)
とりあえず、メモリの相性問題ということで自分としては結論付けた。
あぁ。やっちまった。
仕方なく、メモリを発注!こんどは相性補償をつけて。
さすがに、8GB×4枚を買う勇気はなかったけど、大容量メモリ環境への憧れは捨てきれず・・・。
これを発注しました。(ちょっとグレードアップした感じ。)

どうにかこれで、調子をもどしておくれ!
つづく。