ママチャリでも、ロードバイク向けレインウェアという選択肢

梅雨に入り、雨続きと思ったら、急に夏空。気温の変化も激しくて身体がついて行けない・・・。

通勤時、ママチャリでさえもカッパ着用が必要になった昨今。透明のビニール傘で片手運転も、警察官に会わないものかとヒヤヒヤしながら走る必要がある。

とはいえ、カッパを着るにしても、駅に着いてからびしょ濡れのカッパをどうするのか?という問題が発生する。使い捨てでも構わないカッパであれば、何かに入れて、自転車のカゴに入れておくのも有りではあるが、帰りも雨の場合、そのカッパを着られるか微妙である。また、駐輪場が屋内。かつ駅に直結していれば良いのではあるが、駐輪場から駅まで歩く場合、カッパを脱いでしまうと傘で歩く必要もある。

駅についてカッパを脱ぐと、防水の入れ物に収納して持ち歩く必要がでてくる。しかし、濡れたカッパほど扱いにくい。しっかりした製品であれば、雨も弾いてくれるので、折りたたみもしやすいが、大半のカッパは生地同士がくっついたりして非常にかさばるものだ。

そんな、自転車のカッパにお悩みの方に提案したいのが、こちら。


雨用のサイクルウェア。自転車(スポーツ自転車)向けのレインコートは身体にフィットする、ピチピチ系だが、大きめのサイズを購入すれば余裕は生まれる。また、スポーツ自転車は前傾姿勢で乗るため、おしり側が長い設計になっている。このため、ママチャリであればレインパンツを履かなくとも、少々の雨であればレインウェア(上着)のみで済む。土砂降りの場合、レインウェアを伝って水がちょうどケツに集約されるので気をつける必要がある。

何よりも嬉しいのが、自転車用のレインウェアはコンパクトかつ軽量に収納できるようになっていることだ。上手く畳めれば、コンパクトな折りたたみ傘程度の容積にはなる。難点はそのサイズ感であるが、2サイズくらい大きめのものを買えばスーツの上からでも着られると思う。

激しい雨なら、上下同じような素材のレインウェアがあるので、そちらの利用が吉。