アマゾンで痔の薬を買う

おぉ、オシリが痛いぞ。寒くなってきて水分不足のせいか、便が硬めでケツが切れたっぽい。おまけに辛いラーメンを食べて下痢になったり・・・。痔に良くないパターン。

しかも、しかも、会社のトイレは混雑のため、ウォシュレットのお湯がヌルい!貯湯式のウォシュレットはそれが難点。久々の痛みにかつて販売されていたサラシュットという痔の薬の復活を本気で願った。

この痛みは本物だ

事態は深刻だ。お尻が痛いではなく、もう患部と呼ぶべきレベル。

昨晩は寝る前に患部が痛むので、貼るカイロをオシリに貼って寝た。朝起きると、少し痛みが和らいだ。

とはいえ、相変わらず痛いし快便でもない。内面としてはヨーグルトや繊維質を摂るようにしないと。あとは、薬買うしか無いな。

注入軟膏を買おうと、ドラッグストアの痔の薬売り場を見てみるが、ボラギノールもプリザも高い!注入軟膏って結構高いんだな。PBの薬でも10個入りで1300円くらいしていた。

値段の高さもあるが、なんだかんだでやっぱり少し恥ずかしい。昨晩の手当のかいもあって、緊急事態ではない。

と、いうわけでアマゾンで痔の薬を買うことにした。

調べてみると、いろいろな種類の注入軟膏が出てくるではないか。

しかも、ここで初めて知ったのだが、アマゾンのオリジナルブランドの薬が売られていることを。

注入軟膏もラインナップされていて、安い。しかも30%オフクーポンが!クーポン使うと700円弱。

ところで、なぜ注入軟膏にしたかというと、持ち運びを考えてのこと。サラシュットほど手軽ではないが、持ち運んで会社で痛みが出たときも使用できると考えたのだ。

10年ぶりの注入軟膏。果たしてどうなるのだろう。届くのは2日後!

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ
にほんブログ村