ケツに痔を抱え・・・結婚式に参列!

※この記事は過去の回想です。

お陰様で現在は痔も落ち着いて過ごしています。


朝起きて、トイレへ。

ビジネスホテルのトイレのウォシュレットはやけに音がでかい。

まず、座って何やら準備が始まっているのか音がする。

そして、いざスイッチをONしたとたんに音が・・・。

手術後のケツをどんな水流で洗われるのか、ちょっと怖い。

自分はケツに穴が空いている状況。

万一、そこに直撃してしまったら・・・なんて考えると余計に不安に。

結局なんだかんだで、大丈夫だったけれど、気持ちが高ぶらない。

取り急ぎ、支度(ケツにガーゼなど)を終えてホテルを出る。

それにしても、ケツガーゼをするのはちょっぴり情けない気持ちになる。

はぁ、この先、数時間もの間、電車に揺られるのが不安で仕方ない。

昨日の新幹線は、なんとかなったけれど、在来線の特急は揺れるぞ。

電車は好きなんだけど、ケツの調子がこれじゃぁ・・・。

頼むぜ、クッション(らくちんフィットクッション)だけが頼りだ。

デカい紙袋に入れたクッションをぶら下げて駅へ。

電車に乗り込むと早速、クッションを颯爽と取り出し、シートへ。

座ると、明らかに座高が高めになるので違和感がある。

でも、クッションがあるのと無いのとでは別世界なんです。本当に。

時折体制を変えたりしつつ、無事に目的地へ到着。

クッションを持参して本当に良かった。

そして、いよいよ結婚式に参列。

ケツのことは顔に出さず、ビデオカメラを片手に、激しく動けないながらも撮影に精を出す。

夜は親族で集まって、温泉旅館にて夕食と宿泊。

あぁ、酒も飲めないし何よりも温泉に入れない・・・。

本当になんでこんな時に痔なんだ・・・。

(後で知るのだが、お風呂はむしろ入った方が良かった。)

その日も、温泉に入れない私は身体をフキフキして寝たのであった。

あぁ、長時間電車に揺られて帰らなければならない。

そして、帰京後に直接病院へ行く予定。

つづく

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ