肛門周囲膿瘍切開手術後の消毒

肛門周囲膿瘍切開手術の翌日。

なんとか、ウンコはせずに1日を過ごした。(-_-)


が、自分のケツがどんな状態なのか、ものすご~く気になる。
付けていたガーゼを外すとなにやら血と混じって何か付いている・・・。
これが膿なのか?


相変わらずのスローペースでの歩き。出社前、朝一番で病院へ。
患部を先生に診てもらう。


ちょっと痛いかもしれませんよ~。


うっ。米ガーゼ、いや、込めガーゼを抜いた際にチクッと痛む。


さらに恒例?の指の挿入。
これは慣れたけど、傷口にジェルがついても大丈夫なのだろうかと心配しつつもちょっと痛い。


「それほど、膿はでてこないですねぇ」


それが良いことなのかどうかよくわからないが・・・。


最後に患部を消毒してもらい、その後にまたもや「込めガーゼ」!!


これは痛い!ちょっと泣きそうになった。(>_<)


実はこの週末の土日で義弟の結婚式のため、はるばる山形へ行くことになっていた。
そのことを先生に話し、次回は金曜日に通院して、その後は山形から帰ってきたその足で立ち寄ることにした。


新幹線など、長い間座りっぱなしになるのでちょっと辛いなぁ。
大丈夫かなぁ・・・。


診察料は890円だった。


つづく

コメント

  1. 痔の手術体験記ブログ一覧

    痔の手術体験記ブログ一覧です。